とある休日中に退屈だったもんで、釣具の整理をしたりメンテしたりとヒマを潰してたんですが、YouTubeで究極の血抜きの津本さんの動画を見直てたらタイノエの話をしている回がありました

タイノエとはザックリ説明すると、タイ等に寄生する虫で、寄生された魚は栄養を吸われる為、痩せていたりする事が多いと

始めに見たときは、へぇーそうなんだ程度だったんですが、前にコマセ真鯛釣りで釣れた鯛を捌いてた時に一匹タイノエが付いていたのを思い出し、再度津本さんの動画を見直してみる事に

説明を聞いていると、タイノエが付いている鯛は普通のより顔の形が違うとのこと


さっそく、撮った写真を確認すると〜

FullSizeRender


左下の小さなタイだけ、顔の形が異なるのがわかりますか?

他の三匹に比べて、口から鼻にかけての角度が異様に高くなって「ムッ?」見たいな顔をしている鯛にタイノエがいました

ちなみに刺身で食べてみたところ、エサをそれなりに食べてた個体だったのか身質の悪さは感じませんでした


もし、このような顔をした鯛に会いましたらタイノエさんもいらっしゃると認識しておいた方がビックリせずに済むと思います

自分は、知らなかったので焦りましたが